転職で留学経験により有利になるのは

転職で留学経験により有利になるのは、非常に限られた話になります。高い英語力とともに海外の仕事のやり方や現地の人との接し方、現地の文化などを知っていることが求められるような仕事においてしか、留学経験が評価されないからです。 転職において英会話力が問われる場合はありますが、必ずしも留学しているかどうかを問うことはありません。国内だけで勉強して、高い英会話力を持っている人も増えてきているので、あまり評価には影響がしないのです。 昔は留学したことがある人自体が少なかったので、勇気や度胸、特殊な経験をしているということで、留学していたこと自体が評価されることもありましたが、現在では誰もが気軽に海外に学びに行けるようになっていますから、語学を少し学んだ程度では、ほとんど評価されないのです。海外の大学などを卒業していれば有利になることはありますが、語学学校に数ヶ月通ったようなものでは全く意味がないと考えても良いでしょう。 しかし、現地の人と交流したり、現地の人との接し方を知っている人を優遇する求人はあります。例えば、駐在員などのような業務です。頻繁に海外の人と交渉したりしなければならないような仕事においては、海外滞在経験はそれなり評価されます。 484

昔から変わらない人気がある転職のための留学

学生のころに留学をしておけば良かったと、後悔をしている社会人は少なくありません。働き始めてからお金もたまり、日々の生活が味気ないものになっているときに、再び留学への夢が膨らむことがありあます。社会人で留学を目指すことには、昔から変わらない人気があります。社会人が海外で学ぶ理由には、転職に留学経験が活かせるからということが挙げられます。海外で学ぶときに、スキルアップを目標に学校選びをする人は少なくありません。今就いている仕事を、より深く学びたいと思っている人が挑戦しています。また、今就いている仕事とはまったく関係のない仕事に就くために、一から勉強を始める人もいます。今までとは違う新しい分野の仕事に就くことは、海外ではめずらしいことではありません。新しい仕事を目指して、大学に再び入学する人も少なくありません。海外では、学習している人の年齢はさまざまです。若い学生もいれば、シニア層の学生もいます。そのため、社会人で年齢が気になって留学に挑戦しにくいと思っている人でも、気後れすることなく挑戦することができます。海外で学ぶ分野や学ぶ場所は個人によって、それぞれ異なります。転職を目指して海外で学ぶことは、多くの人々を惹き付けています。 485

このページの先頭へ戻る